先輩社員から: 齊藤康平

アンテナを高くし、情報をつかむ

気仙沼事務所 所属 / 2011年入社 / 大学院 農学研究科修了

「卸」の会社であることを改めて実感しています

私は、入社以来泉開発研究所の商品開発課で勤務していましたが、2013年の4月から気仙沼事務所に異動となり、現在は営業を担当しています。入社して初めて営業担当となり、青葉化成は「卸」の会社であるということを改めて実感しています。

商品開発課で試作開発を担当していた頃は、青葉化成のオリジナル商品であるAK商品をメインに扱っていましたが、営業として扱う品目はAK商品に限らず、添加物資材や洗浄剤を始めとした衛生関連資材など食品工場内で使用するあらゆる品目であり、その中から最適な商品をお客様に提案しなければなりません。取扱い品目の多さと慣れない業務に最初は不安もありましたが、所長を始め事務所内の方々、工場・研究所、他営業所の方々にフォローを頂きながら目標の達成に向けて取り組んでいます。

一つ一つの仕事を大切に

営業として現場の最前線で仕事をするようになってから、お客様とのやりとりが増えたのはもちろんのこと、仕入れ先の方とのやりとりが増えました。そこで感じたことは、取扱商品の違いはあるものの、会社によってアフターフォローの対応が大きく異なることを実感しました。青葉化成は卸がメインの会社ですから、メーカーから商品を仕入れてお客様に販売します。私たちもお客様に商品を提供する以上、お客様に喜んでいただくために、アフターフォローまでしっかり対応してくれる会社を選びます。そのように考えたとき、同じようにお客様からも仕入先として青葉化成が評価されていることを実感し、身の引き締まる思いでした。仕事の中には大きな仕事や小さな仕事が当然ありますが、仕事の大小に関わらず一つ一つの仕事を大切にしっかりとした対応が出来れば、青葉化成としての信頼につながるのだと思います。

色々なことに興味をもつ

新聞を読む、新商品を買ってみる、人の集まるところに行ってみる、知らない土地へ行ってみるなど、いろいろなことに興味を持って試してみることを心がけています。世の中の流行をつかめるというのもありますが、商談時にお客様との会話のきっかけになることも少なくありません。日々の仕事、業務とは直接関連がないようなことでも、どこから仕事に発展するかわかりません。そのために、アンテナを高くして自分の引き出しを増やしていきたいと考えています。

ランニングした後のビールが最高の息抜きです

プライベートでは、スポーツとビールを楽しんでいます。最近では、会社の先輩に誘って頂きゴルフも始めました。ゴルフを通じて社内外での交流も増え、運動不足解消以外にも絶大な効果を発揮しています。

ビールについては、昨年ビール検定2級を取得したため、今年は実技も含めたビアテイスターを目指しています。夜の気仙沼をランニングしたあとのビールは最高です。


Copyright© AOBAKASEI co.,ltd. All Rights Reserved.